【英単語vol.5】イディオムは覚えるべきか!?

イディオム

英語が苦手な人にとってややこしいものの1つが

イディオムだと思います。

そもそもイディオムって何?という人のために

ウィキペディアから引用します。

イディオムとは、単語における一定の配列での連結の総称である。

この連結によって、慣習的に用例と意味が固定しており、字面から意味を推測できないことも多い。

出典:wikipedia

要は日本語で言うと熟語とか慣用句といった言葉です。

わかりやすいところで言うと pece of cake (朝飯前だ)

といったイディオムです。

 

こういったイディオムが英語にはいくつもあります。

日本語でもたくさんあるので、そりゃそうだというかんじでしょうか・・・

 

ではこのイディオムは覚えた方がいいのでしょうか?

 

特にTOEIC対策では覚えた方がよい

 

イディオムは覚えた方がいいです。

特にTOEIC対策にはイディオムを覚えておくと

得点アップにつながります。

 

なぜならTOEICはもちろんのこと受験英語でも

イディオムを知っていると簡単に解ける問題があるからです。

そして同時に、イディオムを知らないと解くことが難しい問題もあるからです。

 

特にTOEICは受験英語に比べ「ビジネス英語」に重きを置いているからです。

ビジネス英語に重きを置いているということは

より実践的な英語が求められるということであり、常用に近いイディオムがあれば

それはごく”普通”に出てくると思っておいた方がよいです。

 

英語を解くのにはスピードが求められる

これは受験英語にもTOEICにも言えることですが、

問題を解くにはスピードが求められています。

高得点を取るためには普通の文章は日本語を読むレベルで読めなければなりません。

 

そういったかなりのスピードが求められる中で、イディオムにつまづいていては

時間が非常にもったいないです。ただ知っているか知らないかだけの違いで

得点に差がついてしまうこともあります。

 

こういったネガティブな可能性を回避するためにもイディオムは覚えておいた方がよいでしょう。

 

どのくらい覚えればいい?

ではイディオムはどれくらい覚えればよいでしょうか?

僕は持っている単語帳に載っているものを最低限覚えればいいと思っています。

 

 

ただ、イディオムは使われている単語自体はそんなに難しくないので

比較的簡単に覚えられます。

「イディオムって面白い」とか「めちゃめちゃ簡単だ」というように思われる方は

どんどん覚えていったらよいかなと思います。

 

「単純に得点を上げる」という目的からはそれてしまうかもしれませんが

英語を好きになって、モチベーションにつながるかもしれません。

 

事実僕はこういったイディオムなどから英語を好きになっていきました。

What one likes, one will do well. (好きこそものの上手なれ)と言うように

やっぱり好きになった方が覚えるのも苦痛じゃないので全てがポジティブに進むと思います。

 

特に日常会話ではイディオムが使われることも多いそうなので、

「洋画を字幕なしで見たい」とか「英会話も上達させたい」という方は

いろいろな教材を参考に習得していけばよいと思います。

 

 

しかし、単純に点数を上げたいという目的であれば必要最低限覚えれば問題ないので

気にせずに必要な分だけ覚えていきましょう。

 

いかがでしょうか?

不明な点などあれば気軽にコメントください。

それでは!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA