【長文読解vol.1】長文読解に必要な3つ心得

長文読解

今回は英語で高得点を獲得するためのキモとなる長文読解に関して

書いていきたいと思います。

 

長文というのは、英語の中で一番嫌いという方も多数いらっしゃるポイント

かなと思います。僕自身、勉強を本気でやる前までは長文が苦手でどうしようもなかった

経験があります。

 

対策しようにもどうすればいいか分からない、、それが長文読解だと思います。

今回はその長文読解に関して認識しておいていただきたい3つのことを

記載させていただきます。

 

1 長文読解は全ての基礎の応用問題

よく勘違いされる方がいらっしゃるのですが、長文読解は「長文読解」という

ジャンルとかカテゴリとかではなく、英語リーディングの総合力を

問うまとめ問題のようなものなのです。

 

英単語

英文法

イディオム

英文和訳

 

こうした要素の全てを活用した総合問題です。

そのため、長文読解を得意なものにするためには、

上にあげた基本的な英語力が前提として必要です。

 

そのうえで、長文読解の対策が必要となってきます。

 

2 長文読解はスピードが命

長文読解で高得点を取るためには、というよりも英語で高得点を

取るためには長文読解におけるスピードが何よりも重要です。

 

特にTOEICテストは時間が非常にタイトなため

長文問題をどれだけスピーディーに解けるかが最終的な得点に

影響してきます。

 

スピードと言っても何のスピード?

先ほどからスピードスピードとうるさく言っていますが、

実際に長文読解で必要なスピードは何なのでしょうか?

 

それは下記2つのスピードです。

 

・全体の趣旨を把握するスピード

これは、長文の中の主題が何で何について議論している

文章なのか把握する力です。

 

これを正確に早く把握するには、文章を理解(和訳)し行間を読む力(国語力)

が必要となってきます。

 

・問いの答えを探すスピード

英語長文問題の答えは必ず本文中にあります。

重要なのは、その問いの答えがどの部分に書かれているのか

ということを早く正確に把握することです。

これができれば全体を流して読みつつ、必要な箇所だけ精読するということができます。

 

3 速読と精読を使い分ける

先ほどちらっと触れましたが、長文読解では「速読」と「精読」を

使い分ける必要があります。

目的は解答のスピードを上げるためです。

 

そもそも「速読」と「精読」って?

 

速読とは読んで字の通り、速く読むということです。

少し難しいことを言うと英語を英語で読んでいく

というイメージです。

これに関しては簡単に言ってしまうとあまりにも乱暴なので

また後日別のところで解説しようと思います。

 

そして精読も読んで字の通り「精査しながら読む」ということです。

これは簡単に言うと英語を日本語に変換して間違いのないよう

正確に読むということです。

 

<脳内イメージ>

(速読) She goes to school everyday with Tom. →  毎日トムと学校行くんだな

(精読) She goes to school everyday with Tom. → 彼女は毎日トムと一緒に学校にいきます

とても大雑把に書きましたが、速読と精読の差はこのような感じです。

何となくお分りいただけたでしょうか?

要は速読は雑に大まかな意味だけ把握するように読んでいきます。

 

そして具に理解する必要がある箇所だけ精読をして

問題に対してミスのないように答えていくのです。

 

日本語の文章を読むときも、ゆっくり正確に読むときと

ざーっと読み進めるときがあるかと思いますが。

それと同じような違いだと認識いただければよいです。

 

そしてこの速読と精読を使い分けることができるようになれば

長文読解のスピードは格段に上がってきます。

 

まとめ

今回は長文読解におけるマインドセット的な考え方を

3つほど紹介させていただきました。

まずこれらのことを意識した上で、実際に速読の仕方など

得点力アップにつながる勉強法を伝えしていきたいと思います。

 

 

本日はここまでです。

お付き合いありがとうございました。

 

 

不明な点などありましたら

ぜひなんでも気軽にご相談ください。

 

 

それでは。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA