TOEICと受験英語は別物なのか?これからTOEICを始める人が意識したいたった1つのこと

TOEIC

TOEICは現在の日本のビジネス界においては未だに大きな影響力を持つ英語力指標の1つとなっています。もちろん、日本トップのグローバル企業などでは他の指標も用いられているかもしれませんが、私の知る限り一般的な企業では未だにTOEICは非常に重要視されています。

 

そのため、多くの方がTOEICの高得点取得を目指して学習されています。TOEICの勉強法は色々とあります。各パートにおける「時間配分の仕方」や「問題を先に見ておいてから回答する」など様々な方法が紹介されています。

 

しかし、僕はそこに対して1つだけ懸念があります。

「TOEICが英語力の指標として評価されなくなったらどうするのか」ということです。事実いま現在でもTOEICを英語力の指標としていることに疑問の声は多くありますし、TOEFLなど新たな指標となる試験もあります。

 

そういった状況の中、もし仮にあなたがTOEICのテクニックだけで点数を取っていたらどうなるでしょうか。おそらくあなたはその新指標に対して適応できず、一気に「英語ができない人」になってしまう危険性さえあるのです。

 

社会ではよく「次のことを考えて動け」と言われますが、これは英語学習に関しても同様のことがい言えるのではないかなと思っています。

 

では英語学習において次を考えるとはどういうことでしょうか?

僕はそれは「TOEIC力ではなく、英語力をつける」ことだと思います。

仮にTOEICが日本社会において英語力の指標ではなくなったとしても適応できるように純粋な英語力を鍛える。それが重要だと思っています。

 

そんな考えを持っている僕ですが、周りの人からよく聞かれることで引っかかることが1つあります。

 

それは、「TOEICで点を取るにはどうすればいいの?」「TOEICの長文がわからないんだけどどうやったら分かるの?」「TOEICの問題を時間内に解く方法は?」こんなことをたくさん聞かれます。

 

そういった時に僕が必ず答えるのは「英語の勉強をしましょう」「高校生の教科書は分かりますか?」ということです。

 

これはなぜか多くの方が勘違いしているのですが、TOEICで点を取れるのと受験英語で点が取れるのは別物だと思っている方がいます。もしくは、TOEICはTOEIC対策をすれば点が取れると思っておられることです。

 

もちろんTOEICはTOEICの対策をすれば多少なりとも点数は上がります。しかしそれは多少です。

 

TOEICと受験英語は本質的には一緒

ここで本題に移りますが、僕はTOEICも受験英語も本質的には同じだと思っています。センター試験で100点しか取れない人がどれだけTOEIC対策をしてもTOEICで高得点を取るのは難しいと思っています。

 

それは、TOEICも受験英語も目的は「英語力」を図ることにあるからです。

 

英語学習には順序があります。

基礎英語の習得→応用力の習得→実践練習

 

この最初の「基礎英語」というものが出来ていなければどれだけTOEICの対策をしたところで一定の点数から上がることはありません。なぜならTOEICも受験英語も本質的には同じだからです。英語力をつけるには「基礎→応用→実践」というところは変わりません。

 

 

ではTOEICと受験英語の違いはなんなのでしょうか?

 

 

 

TOEICと受験英語の違いはインプットする単語だけ

僕はTOEICと受験英語の違いはインプットする単語が違うだけだと思っています。TOEICはよく「ビジネス英語」と言われますが、その言葉通りTOEICでは受験英語には出てこないが新聞やニュースでよく見受けられる英語がたくさん使われています。

 

単語に関しては知っているか知らないかだけの違いなので、やはりそこは試験に合わせて対策する必要があります。

 

逆に言うとそれ以外のところは受験英語もTOEICも同じなのです。このブログでは基本的にTOEICを念頭において勉強法をお伝えしていきますが、「TOEICの勉強法」ではなく「英語の勉強法」と認識いただければ幸いです。

 

TOEIC力ではなく英語力

みなさんは英語を学習してどうなりたいと思っていますか?単純にTOEICで点を取れればいいと思っている方もいるかもしれませんが、やっぱり英語を勉強するからには「実際に使える英語力」を身に付けたいと思いませんか?

 

「TOEICの勉強をしていたらTOEICで点が取れた」ではなく「英語の勉強をしていたらTOEICも点が取れるようになっていた」そういう風になるように勉強していただければと思いますし、僕がお伝えする勉強法は、「実際に使える英語」を念頭において考えています。

冒頭でも書かせていただきましたが、現代は非常に変化の激しい時代で。もし仮にTOEICが英語力の指標ではなくなったとしても適応できるように「英語力」を付けていきましょう。

 

 

 

 

それでは今回は以上になります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA