<1から始めるTOEIC対策>これから英単語を覚える人にオススメの単語帳

5144822a78cac5019a42387f93591d74_s

TOEICでは非常に高い単語力が求められます。例えばTOEICで900点以上を取ろうと思えば諸説ありますが、1万語以上の単語力が必要だそうです。(ちなみにネイティブで2万語ほど)

 

これからTOEICの勉強をされる方にとっては1万と聞いて、気が遠くなるような量の単語かもしれません。たしかに、1万という数は膨大で、一気に目指すとなると非常に骨の折れる道のりとなります。

 

しかし、一気に900点以上を目指す必要はありません。徐々に自分が知っている単語を増やせばいいのです。今回は、これからTOEICの勉強を始めようという方に向けたオススメの単語帳をご紹介したいと思います。

 

ちなみに、僕がいつも言っていることですが英語の勉強では自分に合っていないレベルのものをどれだけやってもあまり意味はありません。自分の英語力を分かったうえで単語帳を選んでいってください。単語帳を選ぶ基準としてはだいたい自分の現在のTOEICの点数から100〜200点くらい上のレベルがよいかと思います。

 

まずは自分のレベルを知る

いまの世の中は非常に便利になっています。ネット上には色々な会社が「単語力診断ツール」なるものを無料で公開してくれています。まずは自分の単語レベルを知るために下記のサイトなどを使って診断してみましょう。色々あり、どれでもよいのですが診断の結果が最も信頼できそうだったサイトをご紹介します。

 

Weblio語彙力診断

weblioというインターネット上の電子辞書のような働きをしてくれるサイトの診断ツールです。合計25問が出題され、ちょっと面倒なのですが、他のサイトの診断ツールに比べ肌感ですが信頼できるものだったのでご紹介させていただきます。問題を解き終えるとあなたの語彙力レベルが表示されるので、それを1つの指標としましょう。

※ただ、どの診断ツールも多少厳しめに結果が出るので気もちもう少し上で考えてもよいです。

そしてどこまでいってもあくまで参考でしかないので、自分が思う自分の単語レベルと照らし合わせて使う教材を決めていったほうがよいかと思います。

 

参考書の使い方

英語が苦手な方に多いのですが、英語が苦手な方は参考書の使い方や英単語の覚え方が分かっていないというパターンがけっこうあります。「ひたすら書いて覚える」「例文の中で覚える」なんて非効率な覚え方をされてないでしょうか?僕の勉強法では、英単語は「ひたすら見る」ということを徹底しています。

 

もし仮にあなたが独自に絶対的な英単語の暗記法を持っているのならそれを続けられれば良いと思いますが、少しでも自信がなければ僕の提唱するこの方法を試していただければと思っています。詳しくは下記の記事をご覧ください。

【英単語vol.1】英単語を1週間毎日30分で500個覚える方法

TOEICは試験もそうですが、勉強もスピードが大事です。遠回りせずに最短の方法で高得点を目指しましょう。

 

TOEIC400点以下の方にオススメの参考書

まずはTOEICで400点以下の方にオススメの参考書です。TOEICで400点より下の点数の方は失礼ながら英語が全然分かっていないと考えてください。全然分かっていないというのは基礎ができていないということです。基礎ができていない方は文法もそうなのですが、単語も基礎レベルにないことが多いです。

そういった方はまず基本的な英単語を覚えることから始めましょう。

 

究極の英単語 SVL Vol.1 初級の3000語

【送料無料】 究極の英単語SVL Vol.1 初級の3000語 【単行本】

価格:1,728円
(2016/6/19 15:22時点)

TOEIC400点以下の方にオススメなのがこの単語帳です。この単語帳は市販されているどんな参考書よりも初級者向けだと思います。haveやmoneyなど本当に基礎の基礎から出ていますので、まずはこの単語帳をマスターしましょう。

TOEIC400〜500点の方にオススメの参考書

続いてTOEICで500点以下の方にオススメの単語帳をご紹介します。このレベルの方は基礎の基礎はできていますが、まだまだBasicな単語に抜け漏れがあることが多いです。そんな方にオススメなのは以下の単語帳です。

改訂版キクタンBasic4000

キクタン〈Basic〉4000改訂版 [ 一杉武史 ]

価格:1,512円
(2016/6/19 15:28時点)

システム英単語Basic

システム英単語(Basic)改訂新版 [ 霜康司 ]

価格:1,080円
(2016/6/19 15:31時点)

今回挙げさせて頂いた単語帳は非常にベーシックな英語が掲載された英単語です。この単語帳を使うことによって基礎を固めていただければと思います。

TOEIC500〜700点の方にオススメの参考書

続いては500〜700点の方です。

このレベルの方はもう基礎は大体できていると思っていて大丈夫と思います。そういう方にとって大事なのは基礎ではないがよく出てくる専門用語やちょっと珍しい単語を覚えていくことです。このへんになってくると覚えるのもしんどい単語が出てきますが頑張ってマスターしましょう。

DUO3.0

DUO 3.0 [ 鈴木陽一 ]

価格:1,296円
(2016/6/19 15:36時点)
感想(588件)

このレベルの方にオススメするのがDuoです。この単語帳をオススメする理由はいくつもあるのですが、一番は「なぜかTOEICによく出てくる単語が網羅されている」という点です。これは僕自身使っていて驚いたのですが、Duoで出てくる単語はTOEICでも非常によく出てきます。Duoに関してはぜひみなさん使っていただきたいのでまた別の記事で紹介させていただきますが、非常にオススメの1冊です。

 

TOEIC700〜850点の方にオススメの参考書

この辺になってくるともう単語に関しては難しい単語をいかに覚えるかということになってくるかと思います。僕も色々と情報収集はしているのですが、この辺のレベルになるといかに自分に合った参考書を見つけられるかだと思っています。ですので、僕にとって良かった参考書という観点でご紹介します。

キクタン〈Super〉12000改訂版 [ アルク ]

キクタン〈Super〉12000改訂版 [ アルク ]

価格:1,728円
(2016/6/19 15:47時点)

僕がオススメするのはキクタンの12000です。この12000ですが、実際にはおそらく12000語レベルではなくTOEIC700点〜850点くらいの方にはちょうどいいレベルではないかなと思っています。そして僕がキクタンをオススメする理由は、とても「見やすい」からです。

 

他の単語帳はごちゃごちゃといろいろなことが書いてあってわかりづらいのですが、キクタンは非常にシンプルに作られているため勉強しやすいです。

TOEIC850点以上の方にオススメの参考書

ご自身が良いと思った参考書、それがベストな参考書だと思います。このレベルはいろいろな参考書があるので、自分の穴は何かなんの分野か理解した上で、それを補うために単語帳を使うのが有効です。ですので、もしかすると実践の中で自分だけのオリジナル単語帳を作ることが有用な手かもしれません。

 

まとめ

今回は特典別にオススメの単語帳をご紹介させていただきました。しかし、僕は重要なのは単語帳ではないと思っています。重要なのは、その覚え方にあると思います。

いま書店に行けばあふれんばかりの様々な単語帳がひしめいています。そしてどの単語帳も、これでもかとばかりにいろいろな暗記法を紹介しています。

 

僕は自分が編み出した暗記法で単語を暗記してきました。もう7年も前に暗記した単語ですが、未だにほとんどの単語を覚えています。これは僕の暗記法が正しかったからだろうと勝手に思っています。

 

もし単語の暗記に不安を感じている人がいらっしゃったらぜひ僕の単語暗記法を試してみてください。

【英単語vol.1】英単語を1週間毎日30分で500個覚える方法

 

 

それでは、今回は以上になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA