通勤通学時にできる英語勉強法とオススメのサイト

159b0da14fef154a0fb82b93eee70a1f_s

こんにちは。

日本人が平均して1日の1時間以上を費やしているとされる行動はなんでしょうか?

 

出オチですが日本人は平均すると、1人だいたい往復で1時間強通勤・通学に時間をつ癒しているそうです。たしかに僕の大学時代の友人は往復3時間かけて通っていました、、!

 

そんな1日のうちの多くの時間を使う通勤・通学時は勉強の絶好のチャンスです!眠たくて眠たくてしょうがないかもしれませんが英語学習において大事なのは継続して英語に触れていくことです。

 

もしあなたが会社員で帰りも遅い場合、なかなか毎日机の前に座って英語の参考書を開くのは難しいかもしれません。しかし通勤通学の時間に5分でも10分でもいいので、英語のことを考えてください。英語に触れてください。それを継続していけばきっとあなたの英語力は伸びていくはずでず。

 

そこで今回は、通勤通学中にできる英語の勉強法とオススメのアプリに関してお伝えさせていただきたいと思います。

ビジネスマンにオススメ英語でニュースを聞く・読む

ビジネスマンにとって、英語の勉強はもちろん大事ですが世界で日本で起きているニュースを把握しておくことも必要です。そんな忙しいビジネスマンにオススメなのがニュース系の情報を扱うサイトや媒体です。

 

<リスニング系>

リスニング系はある程度基礎的な英語の能力がついている方にオススメです。海外の生のニュースや英語の音声などを聞いて自然と英語に慣れていきましょう。注意点としては、リスニングがほとんどできないのに無闇にニュースを聞いても意味がないということです。

 

① TED〜Ideas worth spreading〜

ted_talk

僕がまずオススメしたいのがこのTEDです。TEDとはTechnology Entertainment Designの略で、ニューヨークに本部を置く非営利組織です。

 

このTEDというサイトは有名なので聞いたこともあるかもしれませんが、このサイトはそのTEDが主催しているconfferenceでのプレゼンテーション動画を見ることができるサイトです。

 

トークスクリプトが日本語でも英語でも全文読める

僕がTEDをオススメする理由はこれです。TEDではほとんどすべてのプレゼンテーションに関してトークスクリプトが見られるようになっています。そのため、ただなんとなく英語を聞くのではなくしっかりと意味を理解して英語を聞くことができるのです。

 

また英語のスクリプトもついているのでディクテーションなどをする際にも最適です。(電車などではできないと思うので、純粋なリスニングとして聞くのがよいかとおもいます。

 

② NPR NEWS 

次にオススメなのが、NPR NEWSというサイトです。National Public Radio という意味のサイトです。このサイトはアメリカの公共ラジオ放送局です。

 

この放送局のラジオをすべてではないですが、実際のラジオ音声を聞くことができます。そしてこのラジオ局のナレーションは比較的初心者でも聞き取りやすいことがおすすめの理由です。

 

また、NPRニュースで聞けるニュースは5分前後の比較的短い時間で聞くことができるラジオ音源が多いのが特長です。おそらく海外のニュースなどは何分も何十分も聞いていたら飽きてくるので、コンパクトにまとまっているNPRニュースの英語はおすすめです。

 

<リーディング系>

続いてリーディング系のオススメをご紹介します。リーディング系はいくらでもあるので本当にオススメのものだけご紹介します。

The Japan Times

ジャパンタイムズというサイトです。このサイトは日本のニュースを英語で発信しているサイトです。サイトを見て頂いたら分かるかと思いますが、日本のタイムリーな情報を英語で伝えています。日本で初の英字新聞だそうです。

 

このサイトをオススメする理由はなんといっても、日本のニュースなので英語で書いてあっても意味がわかりやすいということです。海外のニュースにありがちなのが、英文自体は読めるが社会的背景などが分からないのでイマイチ意味が分からないというもの。

 

しかしこのジャパンタイムズなら、日本のニュースを英語にしているだけなので英文さえ読めればニュースがわかります。また逆に言うと日本のニュースが元になっているため、私たちにとっては予備知識がある状態です。予備知識を持って英文を読むとかなりスラスラと読めるかと思います。

 

そして忙しい日本のビジネスマンにとっては、英語の勉強をしながらも日本のニュースも把握できるということで非常に効率の良いものになっていると思います。

 

新聞バージョンもあります。

これは僕も購読しているのですが、このジャパンタイムズには新聞バージョンもあります。ジャパンタイムズウィークリーというもので毎週発行されています。

 

このジャパンタイムズですが、

The Japan Times On SundayというものとThe Japan Times ST というものの2種発行されています。こちらに関してはまた詳しく別の記事でご説明させていただこうとは思いますが、The Japan Times On Sundayは比較的上級者向けでThe Japan Times STというのは初級者向けの新聞となっています。

英語で新聞や雑誌を読みたいという方はまずはじめの1歩としてこちらの新聞を購読してみてはいかがでしょうか。

 

ペーパーブック

ここまで英語のニュースや新聞系のものを紹介してきましたが、中には「朝からそんな固いの読んでられない」という方もいらっしゃるかもしれません。そんな方にオススメなのがペーパーブックです。

 

ペーパーブックというのは、直訳すると紙の本という意味ですが、海外の小説を安く出版しているものという感じでしょうか。

こちらオススメのペーパーブックの1つなのですが、僕がペーパーブックをオススメする理由は、何といっても読みやすいというところにあります。これまで比較的容易なサイトを紹介してきましたがそれでもやはりなお語彙力的にも難しいという人もいたかと思います。

 

そういった方にオススメなのがこのペーパーブックです。英語の単語レベルとすれば本当に海外の小学生レベルなので、最近英語の勉強を始めたという初心者の方にもオススメです。

 

また、多くのペーパーブックで「TOEIC◯◯点レベル」とだいたいの目安も記載してくれているので、選ぶのも簡単です。そして何よりペーパーブックでもなんでもいいので一冊本を読みきると「なんだか英語ができるようになった気がする」と精神面でもいい影響があります。

 

英語にちょっと抵抗感あるけど、何か挑戦してみたいなという人にはぜひオススメです。

 

朝の時間に単語を復習

続いて通勤・通学時間の勉強でオススメなのが、「単語の復習をする」ということです。一般的に夜寝る前というのは記憶する学習に良いと言われています。(寝ている間に脳が情報を整理してくれるからなんだとか)

 

そして前の日の夜に覚えた英単語を「もう一度復習する」ために朝の時間を使ってみてはいかがでしょうか。人間の記憶力というのは、一回覚えただけではどうしても時間とともに忘れて行ってしまいます。忘れないようにするためには「復習」が重要なのです。

 

しかし、忙しい現代人にとっては夜に覚えた英単語をもう一度朝いえをでるまでにに復習したりする元気や体力なんてなかなかなかったりします。そんな方にオススメなのが朝の時間を使って前日に覚えたことを再度確認する都いうことです。

こうすることによって、一度覚えた単語をより定着させることができるのです。

 

脳内英作文でスピーキング練習

通勤・通学時に色々な勉強はあるけれども本当にすし詰め状態の満員電車の場合、なかなか勉強もままならないこともあるのではないでしょうか?

 

そんな時にオススメの勉強法が脳内英作文です。これは何かと言いますと、自分の頭のなかでいま目の前に見えている状況を逐次英語で説明していくのです。

 

例えば自分の隣の女性が眠っていたら A woman standing beside me is sleeping. のように次々と英作文をしていくのです。これをすることによって、英作文のトレーニングになりひいてはそれがスピーキングの練習になるのです。

 

ちょっとしたことですが、一日5分でも10分でもこういった地道なトレーニングをしていくことが後々の英語力向上につながってきます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

通勤や通学の隙間時間でも英語の勉強をすることはできます。特に英単語など記憶系のものは一気にやるよりもコツコツとこういった隙間時間でやっていくほうが自分の身についてきます。

 

TOEICの点数アップへ向け地道に頑張っていきましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA