英語力と年収の密接な関係。年収700万円以上の人の共通点

eigoryoku

こんにちは。

イースタラボでは、英語に関する小ネタもお伝えしていこうと思います。最近気になったのはこのニュースです。東京に本社を置くキャリアインデックスという会社が発表したニュースです。

キャリアインデックスでは全国の1000人(※)に語学力と本人の年収を調査したところ、年収700万円以上の人は約半数(48.7%)が英語での日常会話や読み書きが出来ると回答しました。年収500万円から700万円未満の人では34.0%、年収500万円未満では22.4%となり、英語力と年収の明らかな相関が見られる結果となっています。d18685-8-272480-1

引用:http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000018685.html

このようなニュースが発表されました。必ずしも英語ができる人が年収が高いわけではないですが、年収が高い人は英語ができる人が多いという事を推測する事ができます。

 

なぜ年収が高い人は英語ができる人が多いのか?

これに関しては3つの方向性から考えられると思います。

 

英語が社内評価の1つの指標となっている

これは比較的大きな企業に多いのではないかなと思いますが、やはりグローバル化が進む現代において日本企業でも十年以上前から英語力強化という事が叫ばれています。大企業などでは、海外転勤や、昇進試験の条件にTOEICの点数を課しているいる企業も多いそうです。

 

そういった背景から、仕事ができる人が英語力も身につける事によってさらに昇進していくということが考えられます。そのため、年収が高い人は英語ができる人が多いという構図になっていることが考えられます。

 

英語によって仕事の領域が広がる

インターネットが一般に普及し、スマホ1台あれば世界中の誰とでも繋がることができる現代において、国境を越えたコミュニケーションの障壁となるのは「言葉」だけです。その中で世界共通語と呼ばれる英語を話すことができれば、最低でも読み書きすることができれば、その人のコミュニケーションの領域はとてつもないほど広がっていきます。

 

例えば個人事業主の方でれあれば、もし仮に日本だけを市場とした場合はマーケットはせいぜい1億強ですが英語を使うことができればそのマーケットは10倍にも20倍にも広がっていきます。

 

最近話題の民泊も、カタコトの英語さえ話すコトができればいとも簡単に外国人を招くコトができるのです。このように現代において、英語をしゃべれるか否かというのは仕事のできる領域をも、収入を得られる可能性をも変えてしまいます。

 

出会う人を変える

これは最近の出来事ですが、ある金曜日の夜に仕事を終えて僕は知人と居酒屋に行きました。二人でしばらく飲んでいたのですが後から2人のインド人らしきカップルがやってきました。初めての日本の居酒屋に戸惑っているようでした。

 

すると私の知人が彼らに声をかけました「can you understand the menu?」すると彼らは驚いたような反応をしながらも「分からないから教えて」と私たちに言ってきました。その後私たちはお互いの仕事の話や、政治の話などほんの1時間程度でしたがお酒を飲みながら会話をしました。

 

何が言いたいかと言うとこうして英語が少しでも喋れるコトによって「出会い」が変わるということなのです。もしおそらく僕や僕の知人が全く英語を喋るコトができなければその居酒屋で会ったインド人とは一生喋る機会がなかったでしょう。しかし、英語を喋るコトによってそこに新たな出会いが生まれました。

 

仕事ができる人というのは、いろいろな体験をしていろいろなコミュニケーションをとるといいますが、まさにこうしたこともその体験の1つではないかなと思います。そしてこのような事は稀にあることではなくよくある事です。こうした日々の出会いの変化が英語ができる人にはあり、それがどこかでつながって年収の高さにも影響しているのではないかなと思います。

ちなみにその時インド人に教えてもらったサイトがこちらですhttp://www.japan-guide.com/e/e623.html

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

英語を学べば年収が上がるわけではないですが、年収が高い人は英語ができることによってさらに年収を伸ばしているのではないかという事が考えられます。もし仮にこの調査が20年前の調査であればこのような結果にはなっていなかったでしょう。現代は急速にグローバル化が進んでいます。

 

20年後もう一度この調査を実施した時にどうなっているでしょうか?おそらく年収が高い人の7割は英語ができるというような調査結果になるのではないでしょうか。

 

これからの時代を生き抜くためにも英語力をつけていきましょう。

 

 

それでは今回は以上になります。
TOEICに関する人気ブログランキングはこちら🎵

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA